債務整理に弁護士がおすすめの理由

弁護士というと、普段の生活とはかけ離れている存在だと感じていました。しかし、自分が借金を抱えて返済が困難になったときに頼りになったのはその弁護士でした。債務整理を、相談に行く前はこんなに借金があるのは恥ずかしいことだと思っていました。
そのために、生活が苦しいのになかなか借金相談をすることはできないままでいました。行くキッカケは、仕事ができないくらい精神的にも苦しくなり食べることもできなくなったからです。実際に、弁護士のところにいくと意外にもやさしく親身になって話しを聞いてくれました。
その上で、自分に適した債務整理をアドバイスしてもらい感激しました。借金をした自分が悪いと考えていましたが、心が救われるような感じがしました。ここでは、返済が無理になってきているので自己破産をするように提案がありました。また、任意整理もできる可能性がありますが途中で返済ができなくなるとそこで一括請求されると説明がありました。悩んだ結果自己破産を、選択することにしました。
ここで弁護士がおすすめと感じたのは、裁判所に行くときのは同行するだけでなく自分の代弁をしてくれることです。裁判長から、色々な質問がありましたが全て代弁してもらい自分は何も言わなくても済んだことです。質問されても、上手く答える自信がないので良かったです。
そのせいか、自己破産は無事にできました。
太平洋戦争中に採鉱? 然別峡 幻の水銀鉱山 鹿追町史にわずかな記述 情報提供呼び掛け - 北海道新聞
太平洋戦争中に採鉱? 然別峡 幻の水銀鉱山 鹿追町史にわずかな記述 情報提供呼び掛け北海道新聞鹿追町史(1978年刊)によると、作業員の話として40年(昭和15年)ごろ、キャラメルで知られた札幌の旧古谷製菓(84年任意整理)が軍事産業として水銀鉱の試掘に着手した。42~45年に採鉱したが終戦とともに閉山。戦後も一時期、大牟田水銀鉱として再開されるも3年ほど ...and more »(続きを読む)