個人再生するときのデメリット

私の10年前ほどの体験談ですが、自分の借金と父の保証人などで2000万円近くの負債を抱えることになりました。当時、私は自宅の分譲マンションを購入して5年程度経過しており、住宅ローンを返済中でしたので、マンションを手放すことを考えれば、自己破産よりも個人再生する事を選びました。個人再生すると、普段の生活に支障をきたすのではないかとか、色々と悩む人も多いとは思いますが、私の場合はほとんど支障をきたすことはありませんでした。まず、デメリットをあげるとすると、個人再生の申し立てをしてから、10年を超えない範囲で信用情報に事故歴が残ることになりますので、新たなクレジットカードの契約や、各種ローンの契約はできなくなります。私の場合、個人再生の申し立てと共にクレジットカードも使えなくなりましたので、ほぼ10年間カードを使うことはできませんでした。しかし、どうしても必要なものはどうか、よく考えてから物品を購入するようになりましたし、普段の生活はほとんど支障は来たしませんでした。しかし、10年間の間には車を購入したり、子供の教育ローンなどを検討する場面がありましたので、そんな時にはやはりデメリットは感じました。会社生活を送る上でも、特に会社に知られることもありませんので、普段とおり仕事に取り組むことは可能です。

高橋ユウ、実家倒産で借金返済中 貧乏時代の過酷生活にスタジオ驚き
高橋ユウ、実家倒産で借金返済中 貧乏時代の過酷生活にスタジオ驚き. 2017.05.28 18:11 参照回数:172,781. 高橋ユウ · マルコポロリ! 【高橋ユウ/モデルプレス=5月28日】モデルの高橋ユウが28日放送の「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(関西テレビ/日曜ひる12 (続きを読む)